WCCFあんてな
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

POYロッベン使用感

f:id:wccfsitara:20160410161554p:plain

総論:単独での局面打開力は流石。自己完結型の選手としては最高峰。スタミナと連携周りが難点なのとこのポジションの選手を選ぶ際にライバルとなる選手が超強力なのが不運な選手。

 

各論:

ドリブル:使い始めから自慢のスピードでライン際を駆け抜ける。少なくともフィーゴギグスと同等以上の突破力は持っている。また、フェイントは多用せずスピードを生かして直線的に突破していく。カットインは☆2や3前後のある程度成長してから行い始める。

パス:ボールを持ったら自分が局面を打開してラストパスを出そうとするため繋ぎのパスはほとんど出さない。カットインからのスルーパスかサイドをえぐってのクロスがほとんど。パスも可能な限り左足で出そうとしていたため逆足の使用頻度は低めに設定されていそう。

シュート:シュートレンジはアザールより広くエリア外からでも強力なシュートが決まる。カットインからのミドルが強い。パワー系の強く打つシュートが多かった。

守備:守備意識はあまり高くないため一応自陣まで戻るがタックルが成功することはほぼない。競り合いも弱いため無駄にスタミナを消耗してしまう。

スタミナ:正直フルタイム活躍させるのは厳しい。プレーに関与してもしなくてもガス欠を起こすバッジョほどではないがよほどうまくプレー関与率を管理しないと後半途中でほぼ確実にガス欠を起こす。

 

特記事項:

突破力は非常に高く、クロスの精度も高いのであまりコンビネーションを必要としないタイプで攻めにあまり人数をかけないチームにはフィットする。やはり問題はスタミナの無さと連携の育ちにくさ。前半からロッベンに頼ると確実に後半途中でガス欠を起こす。これはスタミナ覚醒をしても同様で、割り切って前半で交代させる前提で他のパラメータを覚醒させた方がよかったかもしれない。

連携についてはアイテムをガンガン投入したもののいまだに黄金連携3本という状況で緑枠選択肢の回数はこれまでの起用選手の中でもぶっちぎりの多さ。

プレイスタイル的にもボールさえ渡れば周りとの連携を必要としないのでぶっちゃけた話ロッベンとの連携は細線程度で留めておいて他の選手の連携を優先するべきだったかもしれない。

いつものKPハイタワーとスルーパス重視を使い分けたがハイタワー時のほうが使い勝手は良く感じた。放り込みの判断がはやくパススピードも高いため決定的なシーンを多く演出した。逆にスルーパス重視だとボールを持ちすぎる傾向があり結局出しどころが見つけられずにサイド突破からのクロスというパターンが多いように感じた。

そしてWCCFでは右サイドを主戦場とする選手に超強力な選手が多いのがこの選手にとって最大の悲劇といえる。

WCCFあんてなに参加しています。