WCCFあんてな
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WCCF KP使用感短評

逆サイドアタック:数年前から一番のお気に入りKP。

サイドチェンジの高速ロングパスを出して相手を陣形を揺さぶってマークが甘くなったサイドアタッカーがサイドをえぐってクロスというのが基本パターン。

今verからサイドチェンジで揺さぶりまくってフリーになったサイドアタッカーがクロスではなくカットインしてそのままシュートという展開も増えた。

黄金連携時は胸トラップではなく足元へのパスになりやすいのかトラップ際を狙われることが少ない。

 

全員攻撃:ボールを奪った瞬間全員が一気にラインを上げて厚みのある攻撃を行う。

攻める人数が非常に多いためFWのマークが甘くなりやすい。最終的にFWがフリーになるか攻めあがったMFにボールを落としてミドルシュートというのが基本パターン。

そのためMFには運動量とミドルを打ち切れるだけのパワーが必要。

上下運動を激しく行うためスタミナの消費が大きい。常時使用は厳しい。

 

ロングパス重視:隙あらばロングパスで大きな展開を狙う。逆サイドアタックとハイタワーとアーリークロスを足したようなイメージ。ロングパスで敵の陣形を揺さぶってフリーの味方を作るのが狙いのKPのため基本展開というのはあまりなく、フリーの味方へ蹴り込むのを繰り返して最終的に敵ゴール前から敵DFをつり出すパターンが多い。

 

アーリークロス重視:最近話題になり始めたKP。サイドでスペースができた際に敵DFとGKの間へ放り込むのが基本。展開の性質上味方FWが前を向いて走り込みながら受けることができるためパスが通れば決定力は非常に高い。が、決定力が高いということは当然パスが通ることは少ない。また、予想しないタイミングでクロスを出すため慣れるまではプレイヤーの反応が遅れがち。

受け手のFWにはポジショニングの良さと一瞬のスピードが必要になるため採用するためには編成を工夫する必要がありそう。

少なくともイブラだとハイタワーのほうがいいわこれ、となった。

 

クロス重視:サイドをえぐってクロスを上げるのが基本。受け手のポジショニングが少し良くるような?正直逆サイドアタックと展開のパターンが似ているうえに逆サイドアタックのような高速展開は起きないのであまり使用していない。

 

上記KPはクロス重視以外は使用すると露骨に展開方法が変わるので複数準備しておいて気分によって切り替えるといろいろな得点パターンが見られて楽しい。

センモニで流れている試合だとほとんど見ないけど逆サイドアタックはパスが通り始めると本当に楽しいKPなので是非一度使ってみてほしい。

WCCFあんてなに参加しています。