WCCFあんてな
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LEOCアンチェロッティ使用感

知人からミランの選手ということでWCCF復帰の際に譲ってもらえたので唐突の記事復活。

お約束のLEミラン3CH中央で起用。

特殊能力はアルベルティーニを選択したらなぜか付いたパワフル。

<総論>トータル能力に優れた中盤のバランサー

<各論>

・パス:個人能力の☆がたまりきっていない状態でもフリーの味方へ正確にパスを供給する。

パスレンジはショート~ミドルがほとんどでロングパスはあまりださない。

ルーパスは球足の速いキラーパス系のスルーパスを出す。

・ドリブル:基本的にファーストチョイスはパスでドリブルの優先度は低いが、パスの出しどころがない場合や前方にスペースがある場合は自分で持ち上がる。

横方向へドリブルしてスペースを作るアルベルティーニと違い基本は前方向へ運ぶドリブルが多い。

・シュート:球離れが良いパサー系AIのためあまり打つ機会はないが高威力のミドルシュート能力はある。また、ヘディングはかなり高く強力。

・守備全般:ボール奪取力は高い。他の選手が当たりに行っている場合はカバーリングポジションを取るなど中盤のバランサーとしても一級品。

また、運動量はかなり豊富で一言でいうと「AIが優秀になったガットゥーゾ」。ピッチ全体を動き回りながらバランスを取ってくれるため一人で中盤の安定感を非常に高めてくれる。

<特記事項>

・連携のよさ

f:id:wccfsitara:20161230212646j:plain

上記画像は一回もラウンジに行っていない状況で約15試合経過時のもの。

ミランのよく使われるLE系選手とはほぼすべて特殊連携がある。

各論では書かなかったがスタミナ、コンディションも非常に優秀で交代要員はほぼ必要ない。(黒線で囲った範囲が実際にプレーしてアンチェロッティが顔を出した範囲になるが、この範囲を1試合走り回ってもかなりスタミナゲージに余裕を残した状態で試合終了の笛が鳴る)

正直このレベルで使い勝手がいい選手を枚数が限定されるEXTカードで出すのは(アカン)。

 

 

というわけでWCCF復帰しました。以前のような会社帰りにとりあえず5クレ、みたいな頻度でプレイするわけではないので記事更新はまちまちになりますが自分で使ってこれは紹介しなくては!と思った選手の使用感記事を書いていくスタイルで行こうと思います。

皆さんよいお年をお迎えください。

WCCFあんてなに参加しています。