WCCFあんてな
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WCCF15-16ver.1 選手総括 その1

ver.2まであと2週間ということでver.1に使った選手の総括でもしてみようと思います。

思いついた順番に書いていくのでポジションとかverとかバラバラになるけど気にしないでください。

 

POYイブラ:イブラスキーにとっての決定版でした。ver.1で組んだチームの殆どでエースを張りました。抜群の決定力にほとんど当たり負けしないフィジカルの強さとほぼ欠点がないスーパーFW。ポジションは2TOPよりも1TOPでゴール前にドンと構えさせた方が機能しました。

POYポグバ:イブラと同じパラメータ(オフェンス+パワー)でレアKPになりKPの使い分けが可能になるため入手してからはほぼ不動のスタメンを獲得。いい意味での数値詐欺でこちらも欠点がほとんどないパーフェクトMFでした。

POYロッベン:打開力は天下一品。ボールを持って前を向けば抜群のドリブルで右サイドを支配しました。問題はやはりスタミナと連携の相性の悪さ。最悪個人での打開を重視するなら連携は諦めてしまうのも手かもしれません。

POYアザール:1チームだけの使用にとどまったのですが動きの軽さはずば抜けていました。ポジションをうまく設定してやれば十分チームのエースを張れるポテンシャルはあると思います。

ATLEアルベルティーニ:最初は「守備ができるピルロ」かと思っていましたが何回か使っているうちに印象が「パス出しもできるマティッチ」に変わりました。攻撃に軸足を置いた選手ではなくあくまでも守備に軸足を置きながら攻撃にもアクセントを加えられる選手というイメージです。

ちなみにCKからの得点率がかなり高い印象でした。

続きは明日以降

WCCFあんてなに参加しています。