WCCFあんてな
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WCCFのDFについてとユベントスベースの新チーム編成。

恒例の週末記事更新連発。

今verになっていろいろなチームをやってきててふと思いついたんですが基本的にイタリアとかドイツの守備陣を使ってるときはあまり守備にストレスを感じないんですよね。

逆にスペインの守備陣を使ってるとガバガバっぷりが目についてストレスをすごい感じることが多いんです。

そのことに気づいて今日攻められてるときにちょっとボールに関与してないサイドの守備の動きを見てたんですけどイタリアとかドイツのクラブだとちゃんとサイドバックがボールサイドにポジションを絞ってるんですよ。これがスペインのクラブだと絞らずにサイドバックのポジションにいたままでクロスが上がってから慌てて対応してることが多い気がします。文字で表現するのは難しいんですけど、イタリアドイツだと

            自GK

敵WG   自SB敵CF 敵CF自CB   自CB自SB敵WG

みたいな感じで大外の敵のマークを捨ててあらかじめクロスに対応できるポジショニングをとっているんですが、スペインだと、

敵WG 自SB 敵CF  敵CF 自CB  自CB自SB敵WG

みたいな中途半端なポジショニングしててクロスが上がってから慌ててクロスの落下地点に向かうのでスペースを消しきれなくて強いシュート打たれることが多いような気がします。

なんとなく自分で感じただけなのでもしかしたらスペインのクラブ所属のDFでもしっかりポジション絞ってるのかもしれませんがw

ちなみに今はこんなチームでやってます。

FW:POYイブラ

MF:POYアザール

   POYロッベン

  POYポグバ

  05-06ビエラ

  04-05マケレレ

DF:15-16エブラ

  04-05カンナバーロ

  04-05テュラム

  15-16リヒトシュタイナー

GK:04-05ブッフォン

SUB:HOLEバッジョ

   09-10インザーギ

   15-16マティッチ

   15-16ディマリア

   15-16アスピリクエタ

見てわかるようにPOY同時起用してサブに好きな選手ぶち込んだだけというチームです。

上のSBのポジション絞りについてもリヒトシュタイナーが大外のWGを捨ててしっかりファーサイドのFWをマークしてるのを見て気が付きました。 

POYの使用感についてはネットで公開してる人少なそうなので夜に時間見つけて書こうかなと思ってます。

WCCFあんてなに参加しています。