WCCFあんてな
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

設楽監督、レアルマドリード監督就任~インタビュー風プレイレポ

レアルマドリーは翌シーズンから設楽監督が指揮をとることを発表した。以下は会見での設楽監督への質疑応答の一部である。

ー監督就任おめでとうございます。まずは抱負などをお願いします

「勝利が義務付けられているこのクラブに必要とされることは非常に光栄であり、このオファーを断ることは監督である限り難しい。世界的な名選手が揃っているこのクラブにふさわしい成績を残したい。」

ー設楽監督はピッチを大きく使いボールをサイドに散らしつつFWへのロングボールを使う戦術が得意だと思いますが、ここレアルマドリーでも同じような戦術を使用するのでしょうか

「確かにボールを左右に散らす戦術は私の好む戦術のひとつではあるがなにもそれしかできないわけではない。クラブに在籍する選手に合わせた戦術をとるつもりだ。」

ー以前率いていたバルセロナでは途中解任という結果に終わりました。今回かのチームの最大のライバルチームの監督として相対することになるわけですがコメントをお願いします。

「確かにバルセロナでは不本意な結果に終わったと言わざるを得ないが、クラブ毎に歴史や伝統はあるものだ。そのことについて今この場でどうこう言うつもりはない。実際に対戦することになったときに勝つための方策を考える、それだけのことだ」

ー新シーズンに向けて期待の選手や補強についてお尋ねします。監督が期待する選手や新シーズンに向けての選手の入れ替えはあるのでしょうか

「幸い編成については最大限の裁量を会長から与えてもらっている。多くの選択肢の中からチームにマッチする選手をセレクションしたい。現段階で中心選手として考えているのはそれぞれFWラウール、MFジダン、DFイエロだ。補強に関してはいま言えることは以前率いていたACミランからバッジョを獲得するということだけだ。それ以外の補強に関してはチーム状況や移籍市場の動きを見て考えたい。」

WCCFあんてなに参加しています。