WCCFあんてな

HOLEロナウド(レアル)簡易使用感

※はじめに

POYスアレスでも痛感したけど、このゲーム編成している選手やフォーメーションによって動きがガラリと変わるのであくまでも「自分のチームでは」という注釈が入る使用感なので注意。

 

バイエルンミュンヘンベースのチームで起用。

アーリークロス枠としてアーウィン、お気に入り枠でギグスと俊輔。

ポジションはボックス型4-4-2の左CF。

使用KPはアーリークロス重視かクロス重視で打開できないときはキープレイヤー重視の戦術ロナウド

f:id:wccfsitara:20170624175448p:plain

ロナウドはどうしてもドリブル突破のイメージが強いがこのロナウドは怪我からの復帰後プレースタイルを変えたロナウド。はっきりとお膳立てが必要なタイプのストライカーになっている。

 

全体的にエリア内の動き出しに特化したストライカーでエリア外からのミドルは苦手。

また、ドリブルもリズムに乗る3タッチ以降は安定するがそこまでに潰されることが多い。

そのため、他の選手でゴール前までボールを運びロナウドはフィニッシュに専念させるような形を作らないとピッチ上でキノコを狩ることになりかねない。

 

使用KP別の使用感

ルーパス重視:良。ただし連携必須。押し込んでからのスルーパスではなくまだ前方にスペースがあるカウンター気味でのスルーパスのほうが得点につながりやすい

クロス重視:可。空中戦が苦手なのかいまいち決め手に欠ける。待ち受ける形でのクロスは苦手だが走りこむ形や一瞬加速してマークを外してのヘディングやボレーは一級品。

アーリークロス重視:優。上記2つのKPを踏まえて「スペースに走りこんでボールを受け、かつロナウドがフィニッシュに専念するKP」ということで採用。

他の選手とは一線を画す動き出しの良さ。クロスを待ち受ける敵DFの前に出てボールを受けてエリア内でのシュートに持ち込む確率がはっきりと違う。

キープレイヤー重視:良。自身にボールを集める「戦術ロナウド」になる。はまれば低い位置からドリブル独走シュートが決まるがはまらない場合はスタミナを浪費するだけになるため他のKPで打開できない場合のギャンブル的な使い方になる。

 

まとめ:運動量も少なく、スタミナも持たないがエリア内の動きは非常に良い。カード裏面のテキストのように味方がロナウド抜きでチャンスを作る必要があるが他の選手で組み立てることができればそのチャンスを得点につなげる能力は非常に高い。

WCCFあんてなに参加しています。

※追記 他のWCCFあんてなブログさんの記事を見て郵便受けを見に行ったらピッポ届いていた。6口しか貯められなかったので正直半分あきらめてたけどこれは僥倖。

バイエルン早くも解体の危機。

ユニットKPは同時発動できる。

f:id:wccfsitara:20170617172215j:plain

レアルとユーべのBUNのKPが同時発動できたから昔あったコンビネーションKPと同じ仕様っぽい。

あとレアルロナウドがひょこっとでてきたので次のチームで起用予定。

WCCFあんてなに参加しています。

BBC簡易使用感(16-17BUN)

4月5月は仕事がクッソ忙しくてまともにプレイできなかったけどverupと仕事がひと段落するのがうまく重なったので廃プレイ。

運よく試してみたかったBBCが早々にそろったのでレアル選抜でプレイ。

 

CR7:夢の劇場で自らの技術を誇示していた青年も経験を重ねて効率的なプレイを身に着けた。いままでのカードと違い突破力は落ちたがうまく周りを使う動きが目立つ。

自分が持ち込んでのカットインよりも裏へ抜けるボールに反応してのゴールが多く感じる。

ベイル:実は初使用。CR7後のレアルを背負うことを期待されているだけあって若いころのCR7に匹敵する突破力。前までは右足ではクロスを上げなかったらしいがBUNは右足でもクロスを上げる。球足自体はふんわりしているが得点につながりやすい。

ベンゼマ:「最高のベンゼマ」と呼ばれた10-11シーズンを上回る最高のベンゼマ

得点力、フリックパス、キープ力すべてにおいて使いやすい。正直いままでネタ枠として扱っていたところがあるが完全に間違っていた。

 

全体的な使用感:BUNという新カテゴリーなので1枚ではなくユニットとしての使用感も追加。

まず連携がつながる前から前線3人は非常に円滑な動きをする。俗にいう「軽い」や「動く」という印象。逆にボールがスムーズにつながりすぎるため前線3人で攻撃が完結してしまいトップ下に置いたクロースですらボールの運び役になってしまう。

これが連携によるものなのかBUNによる連携ボーナスのようなものなのかは不明。

特にベンゼマにボールが収まると左右に散らしたり自ら突破したりと非常に「賢い」プレーを見せた。

ユニットKP「完全無欠のフィニッシュ」について:正直違いが分かりにくいフィニッシュワーク系KPのため明確な違いはわからず。やや弾丸系のシュートが増えるのとボールサイドとは逆サイドのCR7やベイルがPA内に入り込むタイミングが良くなってフリーでシュートを打てるシーンが増えたような気がする?

 

ユニットKP追記事項:試しに本田(ミラン)をチーム登録画面で差し替えてみたらオフェンスKPは「完全無欠にフィニッシュ」のままだった。実際に登録してみたわけではないので確定ではないが、KP発動に必要な条件はあくまでも「3人が適正ポジションに配置されること」のみっぽい。そのため理屈上はレアルの「完全無欠のフィニッシュ」とユーべの「完全包囲」は同時発動できる気がする。ユーべの3人も揃ったら実証実験するつもり。

 

追記:いよいよ今晩3:45よりCL決勝。レアルが史上初のCL連覇を成し遂げるのかそれともブッフォンが悲願のビッグイヤーを掲げるのか非常に興味深い1戦だったが、ここにきて驚きのニュース。なんとレアルの招集メンバー25人の中にエンツォ・ジダンの名前が。実際にベンチ入りするかどうかは怪しいものの親子でのチャンピオンズリーグ制覇ができるかどうかという点でもますます見逃せない1戦になりそう。

WCCFあんてなに参加しています。

POYレバンドフスキ簡易使用感

定期的にミランをやりたくなるのでPOYレバンドフスキを入れてみた。

 

総論:得点嗅覚に優れたストライカー。ボールの受け方も超一流

 

各論

・シュート:FWとして必要十分なパワーと精度。むしろこれ以上あっても得点するという意味では不必要というレベル

・ドリブル:正直あまり得意ではない。かわすというよりキープするドリブルが多い。

・パス:シンプルに周りの味方に落とすパスが秀逸。パスを受ける際の動き出しがいいためスペースを作ってそこに落とす動きが多い。

・フィジカル:流石にイブラほどの理不尽感は無いがDFに吹き飛ばされたり競り合いで弾かれたりすることはほぼない。

・ポジショニング:非常に良い。クロスの受けやスルーパスへの反応、ロングボールの収めどころ等試合の流れに応じて的確なポジショニングを取ってくれるのでストレスを感じることがない。ラストパスを受ける際の動きが特に優れていてゴール前でフリーになってシュートを打つシーンが多々見られる。

アーリークロスへの反応も良く、DFラインの隙間を抜け出してGKと1VS1になるシーンも多い。

 

特記事項

ドリブルで自力で突破していたドルトムント時代からポジショニングと動き出しを磨くことで世界屈指の点取り屋となったバイエルンレバンドフスキ

得点感覚が非常に優れているためパスの受け手としてのフィニッシャーとしては最高峰の動きを見せる。

前verのイブラのようにそのうちモニター常連になるんじゃないかと思わせるレベルの能力の良さ。

WCCFあんてなに参加しています。

KPハイタワーとポストプレーの違い

いまアーセナルやっててジルー(ポストプレー)がやたらいい動きをするのでPOYレバンドフスキも触ってみたらどうも選手依存ではなくKPの動きがいい模様。

基本的な動きはハイタワーと同じでトップの選手にボールを当てるけれどもそこからの展開が、

ハイタワー:前へ走り込みながらロングボールを受けたがる。キープ力中、展開力低、決定力高

ポストプレー重視:相手を背負いながらボールを収める。キープ力高、展開力高、決定力低

という感じでそのままゴールへ突き進もうとするハイタワー、ボールを収めてそこからMFに落として再度展開を狙うポストプレー重視というような感じでFWにボールを当ててからの展開に結構な違いがある。

ポストプレー重視はハイタワーと違って無理に反転を狙わないためハイタワーとキープ力が目に見えて違う。とりあえず前線にポイントが作れるためチーム全体の押し上げることにもなる。

逆にラストパスまでにワンクッション置くKPなので相手の守備陣形が整ってしまうリスクもある。

 

ポストプレー重視初めて触ったけど個人的にかなりオススメ。

WCCFあんてなに参加しています。

 

メッシ使用感備忘録

イブラヒモビッチとの相性メインの使用感。完全に備忘録。

12-13MVP(フォアザチーム):ポジショニングがいいのでイブラ→メッシはあるがメッシ→イブラはほとんどない。スタミナは十分。ドリブル能力低い。

BFW(降臨):イブラ→メッシ、メッシ→イブラ両方ともに良好。ドリブル能力高い。スタミナ1試合持たせづらい。

POY(フィニッシュワーク):ポジショニングいいけどフィニッシュ特化。

WCCFあんてなに参加しています。

 

バルセロナ 各選手 各KP 使用感

バルサは連携の良さとKPの選択肢が豊富すぎる。オフェンス+テクニック+パワー震撼

 

シュテーゲン(15-16黒):ビッグセーブはないものの必要最低限の能力はある。KPのGKゲームメイクはパントキックではなくロングスローでボールを出す。センターライン付近まで届きほぼ確実にマイボールにできるため地味に有効。WGKのファストフィードはかなり早く蹴るため敵の帰陣前にFWにボールが渡るが独走が難しい今verでは有効性ではゲームメイクに軍配があがるか。

アウベス&アルバ(12-13黒):守備の安定性ではアビダルに軍配が上がるがレアKPの支配の両輪が楽しすぎる。普通のオーバーラップでは指定したプレイヤーだけが上がるがレアKPになると二人ともマイボールになった瞬間両サイドを駆け上がるようになりほとんどウイングのような動きになる。守備?2CBにがんばってもらいましょう。

アモール(ATLE):実はかなり守備が固い。マスチェラーノブスケツを足したような動き。カバーリング時の運動量は多いが攻撃時は中盤にとどまってパス出しに専念する。そのためボールロスト時にポジションの穴ができにくく守備の安定に貢献する。

シャビ(08-09黒):ロックオンターゲット狙いの起用。プレースキック時レアKP+ハイタワーの得点力は凄まじい。オンプレー時の動きは2列目で配球メインのポジショニング。ポジショニングとパス精度は当然高くチーム全体の支配率に貢献する。

マスチェラーノ(15-16黒、SOC):特殊能力スイーパー++。中盤の底での起用がメインだが特殊能力のおかげか最終ラインまでカバーして防波堤の役割を務める。SOCはレアKP狙いの起用だがマルケスの個人守備重視と違いがあまり・・・。なんとなくマスチェラーノ個人の運動量が上がってバイタルエリア全体をカバーするようになるような気がする?

イニエスタ(06-07黒、08-09黒、13-14WBE):パス出しと敵をいなしてスペースを作るドリブルといつものイニエスタな動き。イメージシンクロとランダムランニング、センチメーターパスの中だとイメージシンクロが一番使いやすい感。ランダムランニングはロングパスも併用して大きくボールを動かすけど得点にはつながりにくい印象。センチメーターパスはバックパスも使用してポゼッション重視。結果的にスペースに走り込んでフリーになった味方にパスを出す動きを繰り返すイメージシンクロが一番得点力が高かった。15-16WBEのコンビネーションプレーも試してみたいが残り任期25試合。

アンリ(LEOC):ドリブル突破とスピードは流石の一言。カットインからのミドルも強力で流石の上級レアという動き。レアKPの偉大なる砲撃手は全体的にドリブルが多くなりミドルシュートの得点力が強烈にあがる。アンリに至ってはパスを受けて敵をかわしてエリアに入るか入らないかという距離で打つシュートが割と洒落にならない威力。

ただしドリブルが多くなるのでもっさりした展開になりやすくそこが気になる人は気になるかも。

スアレス(POY,15-16黒):有効活用を模索したが結局使いこなすにはいたらなかった。とにかく動き回るのでいてほしいところにいてくれず、ボールが渡ったとしてもすぐにパスを出すためシュートボタンを押すタイミングが全くつかめない。ダイレクトシュートの威力はそこそこあるのだがグラウンダーパスをトラップしてのシュートは4回に3回はキーパーに止められている印象。レアKPになるとやや反応が早くなるが焼け石に水。偽9番的なフォーメーションにしてスアレスからメッシやアンリにパス→切り込ませてフリーで走り込んだスアレスに折り返してダイレクトシュートが一番機能した形だろうか。

メッシ(12-13MVP):フォアザチームGメッシ。ほかのメッシは2,3試合ずつしか使ってないけどこのメッシが一番バランスがいい気がする。チームとしては完成したのでユニトロでいろいろなverを使って使用感を試してみようと思う。

イブラヒモビッチ(POY、09-10黒):結局自分のチームのエースはイブラなんだよなあ。POYのハイタワーは前verほどの放り込みはしなくなったが一撃性能は向上している印象。レアKPになるとDF3人を引きずってボールをゴールに叩きこむくらいのフィジカルモンスターっぷりを発揮する。ポストプレーもこなせカンフーパス(ハイボールを回し蹴り気味に足でパスするアレ)やフリックパスも披露してくれる。決定力はPOYも黒もほとんど変わらないがプレーの多様さはやはりPOYが上回る。

WCCFあんてなに参加しています。